市川市の行徳どうぶつ病院・新浦安の今川どうぶつ病院は年中無休・夜間対応で犬・猫・うさぎ等を診察しています。

行徳どうぶつ病院獣医グループ

行徳どうぶつ病院獣医グループ

市川市の行徳どうぶつ病院

市川市の行徳どうぶつ病院

千葉県市川市湊新田2-3-6 047-396-0805

view_info

新浦安の今川どうぶつ病院

新浦安の今川どうぶつ病院

千葉県浦安市今川1-4-45 047-352-0805

view_info

江戸川区の猫の病院SyuSyu

江戸川区の猫の病院SyuSyu

東京都江戸川区西瑞江3-19-10 03-3698-6622

view_info

専門科診療

整形外科の診療

動物病院(獣医療)での「整形外科」では、動物達が例えば交通事故などで骨折をしてしまったり、靱帯(じん たい)を損傷してしまったり、骨が脱臼した時などが診療科目にあたります。

整形外科の診療

整形外科の診療で多く診察されるのが
小型犬の膝蓋骨脱臼
骨折
猫の馬尾症候群(尾の付け根の椎間板の異常)
大型犬に多い股関節疾患
などです。

これらの症例に迅速に対応できるよう手術だけでなくレーザー治療器を使用して理学療法も行っています。
動物に痛みや負担が無く行える治療です。遠慮なくご相談ください。

お散歩中に足がふらつく、もたもたする ~ダックス二多い推間板ヘルニア~

ダックス二多い推間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、特に胴が長く肢の短い犬種、ダックスフントやW.コーギー・ビーグルがかかりやすいと言われています。ダックスの25%は、(初期症状も含めて)椎間板ヘルニアになったことがあると言われています。また、体重の重い大型犬のゴールデン・レトリバーなどにも多くみられます。

椎間板ヘルニアは、激しい痛みを伴い日常生活にも影響が出てしまうこの病気です。
もしも、愛犬に下のような症状が見られたら是非ご相談ください。

  • お散歩中に足がふらつく
  • もたもたと歩くようになった
  • 突然触られるのを嫌がる
  • 階段を嫌うようになった
  • ソファから降りにくそう
  • 抱っこするとびっくりした

・・・このような傾向はもしかすると椎間板ヘルニアの疑いがあるかもしれません。

このような場合、まずレントゲンでの検査などが必要となります。

椎間板ヘルニアは症状によって治療法が異なります。まずは、大切な家族がチェック項目のような行動をしていないかをチェックしてあげましょう!

小型犬の代表的な病気のひとつ ~膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)~

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

「膝蓋骨」(しつがいこつ)とはいわゆる“膝のお皿”のことです。
膝のお皿は、膝を伸ばしたり縮ませたりするときに靭帯をずらさずに関節がスムーズに動くようにしている骨です。この骨が脱臼してしまうと靭帯の機能も果たせなくなりますので、足を着くことができなくなります。これが膝蓋骨脱臼です。

膝蓋骨脱臼はどんなコでもなってしまう病気です。ですが遺伝的な骨の構造から小型犬によく見られます。例えば、ヨークシャーテリアトイプードルマルチーズ・チワワのコによくみられます
もし小型犬と一緒にいる飼主様はこの病気の事を知っておいて欲しいと思います。

膝蓋骨脱臼の場合は軽度で無症状なものもあります。また、脱臼してしまっても足を伸ばして自分で治し、まるで何もなかったかのように再び歩き出す子もいます。
膝蓋骨脱臼をしやすい子は膝の曲げ伸ばしをしたときに膝蓋骨がガクガクと動くので、飼い主さんがシャンプー時などに気づくこともあります。
軽度な場合は命にかかわる事はありませんが、骨が変形してしまったり、歳を重ねたときに生活が不自由になってしまう事が懸念されます。

遺伝的に関節付近の骨や靭帯が異常な構造であると、その関節に負担がかかった時に簡単に脱臼してしまいます。
遺伝的な問題がなくても、成長ホルモンや骨を作るホルモンの分泌障害があったり、食べている餌の成分により骨が栄養障害を起こしていたりすることが原因となる場合もあります。

歩くときにびっこをひいているようでしたら是非ご相談ください。

page top
» 行徳どうぶつ病院獣医グループ » 市川市の行徳どうぶつ病院 » 新浦安の今川どうぶつ病院 » 江戸川区猫の病院シュシュ

Copyright© 2011 Gyotoku AHVeterinary Group All right Reserved.