市川市の行徳どうぶつ病院・新浦安の今川どうぶつ病院は年中無休・夜間対応で犬・猫・うさぎ等を診察しています。

行徳どうぶつ病院獣医グループ

行徳どうぶつ病院獣医グループ

市川市の行徳どうぶつ病院

市川市の行徳どうぶつ病院

千葉県市川市湊新田2-3-6 047-396-0805

view_info

新浦安の今川どうぶつ病院

新浦安の今川どうぶつ病院

千葉県浦安市今川1-4-45 047-352-0805

view_info

江戸川区の猫の病院SyuSyu

江戸川区の猫の病院SyuSyu

東京都江戸川区西瑞江3-19-10 03-3698-6622

view_info

専門科診療

皮膚科・耳科の診療

わんちゃんに多い耳の病気 ~外耳炎と皮膚病の関係~

わんちゃんに多い耳の病気の一つに「外耳炎」があります。

そして、皮膚の膿皮症(のうひしょう:人で言うトビヒ=皮膚の細菌感染症)と外耳炎(ほとんどが細菌とマラセチア=酵母菌の感染)が併発している動物が多いのです。

「皮膚と耳」共にわんちゃんに多いトラブルを少し記載します。

膿皮症(のうひしょう)にもシャンプー療法は有効です

皮膚の化膿による病変を総称して、膿皮症(のうひしょう)と呼びます。

軽症なものでは自然治癒しますが、感染抵抗性の弱いわんちゃんや、本症に対する治療法が不適切だったりすると炎症が悪化し、慢性化しやすいのです。

原因として、皮膚が汚染されたり、犬どうしがかみ合ったりして出来る傷やかみ傷から黄色ブドウ球菌などの病原細菌が感染して化膿性病変を発生させます。また過 度の、あるいは不適当な成分を含むシャンプーの使用などでも本症の原因となります。

わんちゃんに合ったシャンプーを続けることも有効なのです。

こんな症状ありませんか?
  • 皮膚の一部が赤くなっていませんか?
  • 皮膚の表面に小さな紅疹がありませんか?
  • 上記の赤みが出ている部分を痒がっていませんか?
  • しきりに舐めたり、引っかいたりしていませんか?

※上記がみられたら膿皮症の初期症状・症状がでているかもしれません。一度病院にてご相談ください。

外耳炎と皮膚病の関係

外耳は、体外に開口し、外環境にさらされています。動物の外耳は人と違い乾燥しにくいため不衛生になりやすく、細菌や真菌が繁殖しやすい状態になっています。

その為、寄生虫や真菌、細菌などの感染性、あるいはアレルギー性などの皮膚炎、つまり「外耳炎」になりやすいのです。また、シャンプーのお水が耳に残ると、後で外耳炎をおこしたりもします。

こんな症状ありませんか?
  • 外耳が赤く腫れている
  • しきりに痒がり、後ろ足でカッ、カッ、カッ、とかいている。頭をよくふる。
  • 耳垢がたまっている
  • 異臭がただよう
  • 耳のあたりを触ると痛がる、嫌がる

※上記のような事が見られると「外耳炎」の可能性があります。一度、病院にてご相談下さい。
※外耳炎は、慢性化すれば、皮膚が厚くなり、時には外耳を取り巻く軟骨が変形し外耳道が狭くなったり、腫瘍の要因となったりします。

page top
» 行徳どうぶつ病院獣医グループ » 市川市の行徳どうぶつ病院 » 新浦安の今川どうぶつ病院 » 江戸川区猫の病院シュシュ

Copyright© 2011 Gyotoku AHVeterinary Group All right Reserved.